自己処理はデメリットがいっぱい

どうしてもエステサロンに行く勇気がない・・・という人は、自宅でワキのムダ毛処理を続けているようですね。もちろんキチンと行えば大きなトラブルを避けることも可能かもしれませんが、自己処理によるデメリットについてはちゃんと知った上で行う必要があるでしょう。

 

カミソリは炎症のデメリット大

一番手軽で誰でもするのがカミソリでのワキ毛処理です。

 

これはかなり慎重に行ってもデメリットが大きく、肌表面の角質層ごと削り取ってしまうことで肌が乾燥してボロボロのデコボコになってしまうことがあまりに多いのです。

 

角質層は肌のバリアですから、バリアを失った後には細菌の繁殖も怖いですね。傷をつけるのも怖いですし、炎症を起こしたり、かゆみが出てしまったりすることも多い方法です。

 

毛抜きは埋没毛のデメリット大

毛抜きでの処理で良くあるのが、皮膚の下に横に伸びる埋没毛が出来てしまうことです。

 

毛を引っ張って無理に抜く時にどうしても毛穴の周りの細胞を壊してしまうので、肌がその修復をする時に穴の無い状態で膜を張ってしまうことが原因です。

 

伸びて来た次の毛は表面の皮膚を破れずそのまま薄い皮膚の下で横に伸びたり、毛穴の中でぐるぐるととぐろを巻いて詰まってしまったりします。

 

日本人の体毛は黒いですから、薄い肌の下に黒いラインが伸びたり、ブツブツが出来たりするのでかなり見苦しい状態になってしまうのです。

 

クリームは肌荒れのデメリット大

脱毛クリームや除毛クリームは、毛のタンパク質を薬剤で溶かすという手段になります。

 

つまり、毛を溶かすチカラが強ければ強いほど肌のタンパク質も溶かしてしまうチカラが強いことになりますので、肌がボロボロに荒れてしまうというデメリットがあります。

 

もともと肌の弱い人にはあまりおすすめ出来ませんし、処理した後はかなり保湿ケアする必要があります。かと言って作用の弱いクリームを使うと、結局ムダ毛も全然処理出来ないという状態になってしまう場合もあります。